SGST

SGST、医療法人一白会にて紫外線照射ロボットの実証実験を開始

株式会社SGST

2021年7月26日12時30分

IoT・AIソリューション開発の株式会社SGST(本社:東京都港区、代表取締役:小鹿泰光、 以下当社)は、新型コロナウイルス対応として医療機関、介護施設、飲食店向けにロボットによる非接触サービス化の展開を進めています。今般、医療法人社団 一白会の菊地脳神経外科・整形外科(所在地:東京都小金井市)において、クリニック内のウィルス対策に効果的な紫外線照射ロボットの実証実験(POC)を実施することをご報告させて頂きます。

クリニック内

ワクチン接種会場

【紫外線照射ロボットの概要】

当社は新型コロナウイルスを含むウィルスや細菌の不活化に有効とされる紫外線照射ロボットの医療機関や介護施設、飲食店への導入を支援しています。紫外線照射ロボットにはUBTECH社製のADIBOT自走式モデルと手押し式モデルの2種類を取り扱っています。日本においては、紫外線照射によるウィルス対策措置として既にいくつかの欧米製品が市場投入されていますが、機能比較においても他社製品を上回る強力なウィルス対策性能を発揮します。

 

【POC概要】

クリニックにおける紫外線照射ロボット活用の有効性を検証するため、7月24日から2週間にわたり、新型コロナウィルス対応を進める一白会 菊地脳神経・整形外科のご協力を得て、紫外線照射の実証実験を行います。

 

期間:2021年7月24日~8月6日

場所:新型コロナワクチン接種会場とクリニック診察室

内容:紫外線照射ロボットによるワクチン接種会場、クリニック診察室への照射

ロボット:UBTECH社製紫外線照射ロボット「ADIBOT 手押し式モデル」(Total UVC Power=1,240W)

クリニック内

ADIBOT自走式モデル

ADIBOT自走式モデル

ADIBOT手押し式モデル

ADIBOT手押し式モデル

【当社のロボットソリューションについて】

当社では新型コロナウイルス対応で疲弊する医療スタッフの負荷軽減を目的として、AI搭載のロボットによる非接触サービス化を提案しております。紫外線照射作業はネットを通じ管理者のスマホやPCに作業完了レポートが送信され、複数台のロボットを一人の管理者が同時に作業遂行させることが可能となっております。また、規模の大きい病院の場合には、院内の案内係ロボットとしての活用も提案してまいります。

医療機関以外では、飲食業における配膳ロボットの活用で人件費削減や非接触サービス化を実現しています。

 

【SGST概要】

IoT、AIの領域において日本内外の最先端ソリューションにいち早く取り組み、日本の顧客向けにすばやく導入することを目指すシステムインテグレーターです。ラピッド・プロトタイピングによるアジャイル開発手法を特色とし、短期高速デリバリーで優位性を発揮します。

社名:株式会社SGST 

代表取締役社長:小鹿泰光 

本社:東京都港区4-1-1神谷町トラストタワー23F

 

事業内容:

IoT、AIを活用したソリューションの企画・開発・運営・メンテ 

商業施設における顧客導線分析(AIによるトラフィック分析) 

海外製ロボットの国内展開、輸入及び代理店(UBTECH社、Pudu社) 

生体認証型キャッシュレスロッカー 

無人店舗ソリューション 

重量センサー、画像処理AI、QRコード決済によるセルフレジ 

ホームページ:http://sgst.ai/index.html

 

【医療法人社団 一白会 菊地脳神経外科・整形外科の概要】

JR中央線東小金井駅から徒歩7分のところにある「菊地脳神経外科・整形外科」。菊地邦夫理事長は、地域に根差したかかりつけ医として30年以上、この地で診療を続けてきた。専門性の高い脳神経外科を標榜しながら幅広い主訴に対応してきた理由は、東洋医学の漢方などを取り入れた治療を実施しているためだ。菊地理事長は、中医学を学ぶために上海へ留学した経験がある。東洋と西洋医学のメリットを最大限に生かし、デメリットを相互補完しながら治療を行っている。

また、新型コロナ対策については、患者様が安心して受診できるように徹底した感染症対策を実施してきており、今回の紫外線照射ロボットなどの先進的ソリューションにも積極的に取り入れていく意向である。

Untitled Document