SGST

ADIBOT

自走式モデル

ADIBOT

手押し式モデル

UVCによる病原体の不活性とは

細菌やウイルスには遺伝情報をつかさどるDNAがその中に存在しています。このDNAの光の吸収スペクトルは260nm波長付近に吸収帯を持っています。紫外線を細菌に照射すれば、細菌細胞内のDNAに作用して分解などの光化学反応を引き起こし、その結果、菌類が不活性化できると考えられています。 紫外線による細菌除去は、すべての菌類に対して有効ですが、菌の種類(大きさ、形状他)や環境などにより紫外線に対する菌の感受性は大幅に違ってきます。

UBTECHのUVC照射ロボットを導入すれば 清掃作業を大幅にリスク軽減でき、
さらに効率化・省人化を促進できます

非接触

人への感染を避ける

汚染源との接触を避ける

二次汚染なし

副生物なし

副生物を生成しない

環境換気を必要としない

作業員の安全確保

暴露リスクを排除

人員の安全確保第一

省人化

1人で複数の

ロボットを管理

作業効率化

人件費削減

UBTECHのどこが優れているのか?



運用事例

UVC照射は表面・空間においてあらゆる場面に適用可能です。



ADIBOT自走式モデル



ADIBOT手押し式モデル

ADIBOT手押し式モデル操作イメージ

1.オペレーターが部屋を片付けて、セキュリティチェックを実施

2.オペレーターがロボットを作業ポイントまで手押しで移動させる

3.オペレーターがスマホからリモートで起動

4.照射作業終了後、ロボットから終了報告

5.オペレーターがロボットを次の作業ポイントへ移動させる

6.リモートで起動させる

7.全ての作業ポイントが完了するまで繰り返す

8.ロボットから作業全体の完了レポートをスマホで受取

戻る

戻る